?NextScreenサポート
NextScreen over VPN(VPNの利用)

NextScreenのアップロード機能は、LAN(Local Area Network)上で使用することを前提として作成されていますので、サーバー等を設置することなく手軽に使用することができます。その反面、ビューワを遠隔地に設置する場合には何らかの工夫が必要になってきます。
遠隔地のビューワへアップロードする方法としてはいくつか考えられますが、現在のようにインターネット常時接続環境が一般的になっている状況では、VPN(Virtual Praivate Network)の構築が最も選択し易い方法と言えるでしょう。

VPNの接続形態はいくつかあり、それぞれの利用形態に応じて使い分けられます。

ルーター同士による接続
遠隔地のネットワークと常にやり取りが生じるような場合は、ルーター同士によるVPNを構築します。接続には専門的な知識が必要になります。NextScreenの通常の運用形態では必要ありません。


PPTPによる接続
NextScreenの利用が主な目的であれば、PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)によるVPN接続を使用することができます。PPTPのサーバーやクライアントの機能はWindows(一部を除く)に標準で搭載されているので、比較的簡単に構築することができます。
PPTPによる接続を用いる場合にはいくつかの種類がありますが、NextScreenを利用するときは次のようなものが一般的です。

  1. [エディタ] -- [ルーター(A)] -- <インターネット> -- [ルーター(B)] -- [ビューワ]
    最も一般的な接続方法

  2. [エディタ] -- [ルーター(A)] -- <インターネット> -- [ビューワ]
    ビューワPCを直接インターネットに接続する方法

いずれの方法でもPPTPのサーバー機能はビューワ側に設定します。(エディタ側にPPTPサーバーの機能を設定することも可能ですが、特殊な使用方法になります。)
また、ビューワ側のルーター(B)(またはビューワPC)はインターネットの固定グローバルIPアドレスが必要になります。固定グローバルIPアドレスは、ISP(インターネットサービスプロバイダー)とオプション契約を結びます。(固定グローバルIPアドレスを提供していないISPもあります。)
固定グローバルIPアドレスを使用しない(できない)場合は、ダイナミックDNSというサービスを利用します。

1.の方法を用いる場合
ルーター(B)にPPTPサーバーの機能があれば、それを利用することが最も簡単な方法です。PPTPサーバーの機能を有するルーターはダイナミックDNSが利用できるものが多いのも特徴です。
ルーターによって設定方法は異なりますので、それぞれのマニュアルを参照してください。
以下に各メーカーのダイナミックDNSのホームページを記載します。それぞれのページで対応可能なルーターを見つけることができます。


ビューワ側がインターネットへ接続するためのルーター(B)について、ISPからのレンタル機器のとき、ほとんどの場合はルーターにPPTPサーバーの機能がありません。そのような場合は、ビューワPCにPPTPサーバーの設定をすることになります。(ビューワPC以外にPCがあれば、それをPPTPサーバーに設定することもできます。)
ビューワPCにPPTPサーバーの設定を行うときは、ルーター(B)に「VPNパススルー」の設定をします。ルーターに「VPNパススルー」の設定項目がない場合は、「静的IPマスカレード」の設定で、「1723ポート」をPPTPサーバーへ向けるようにします。
エディタPCには、PPTPクライアントの設定をします。エディタからビューワへアップロードする前に、PPTPの接続をするという運用方法になります。
これらの設定方法については、「NextScreen over VPN(VPN設定の説明書)」を参照してください。

・NextScreen over VPN(VPN設定の説明書)のダウンロード


2.の方法を用いる場合
ビューワPCがルーターを使用しないで直接インターネットに接続されている場合は、ビューワPCにPPTPサーバーを設定する方法を用いることになります。ビューワPCにPHSなどを接続して運用する場合もこの接続形態になります。
設定のほとんどは「NextScreen over VPN(VPN設定の説明書)」に記載の方法で行うことができます。

・NextScreen over VPN(VPN設定の説明書)のダウンロード

ただし、ルーターがありませんので、ビューワPCにはローカルIPアドレスではなく、グローバルIPアドレスを設定することになります。グローバルIPアドレスが固定でない(動的割当の)場合はダイナミックDNSを使用します。
エディタに設定するアップロード先のアドレスは、このグローバルIPアドレスまたは、ダイナミックDNSで割り当てたホスト名になります。
※Windows PCを直接インターネットへ接続するこのような方法はセキュリティ上好ましいものではありません。可能な限りルーターを介したインターネット接続を用いてください。

注意点
・エディタ側ルーター(A):VPNパススルー機能(クライアント)があること。VPNマルチパススルーと記載されていることもあります。
・ビューワ側ルーター(B):VPNサーバー機能または、VPNパススルー機能(サーバー)があること。

その他
エディタ側のネットワークにPPTPサーバーを設定し、ビューワ側から接続させるという方法もあります。VPNの構築は様々な方法が考えられますので、ネットワーク管理者にお問い合せください。
弊社でもご相談承っております。お気軽にお問い合せください。

弊社へのお問い合せはこちら